カーテンでおうち時間を充実させるカーテン

いまおうち時間を過ごす時間が長くなっており、その分家の中をこだわって、より快適な空間を作るためにさまざまな工夫をしている人が増えています。そんなインテリアの要であるカーテンで部屋の印象を一気にチェンジ!カーテンの魅力についてご紹介いたします。

いまインテリアが注目されている?

注目のカーテン

感染症の影響でまだ出歩き辛い今、いつまで続くかわからない状況の中でもおうち時間に着目し、それを趣味としている人がふえています。
特にDIYは本格的なものもあれば簡単な、ちょっとした木材だけでできるようなものもあり初心者から上級者まで大人気です。
特に百均でリメイクシートなども販売されており、オシャレなデザインの収納などと組み合わせて落ち着いたカフェのような空間も作り出せるようになっています。
凝れば凝るほどに次はこれ、次はあれとどんどん手をかけていってしまうインテリア作り、その中で必要不可欠なのがカーテンです。
カーテンはそれそのものが存在感が強いので、インテリアをこだわる場合は必要不可欠となっています。
色柄も豊富でサイズも沢山、またアレンジのしやすいシンプルなものも取りそろえられています。
そしてインテリアの面だけではなく、機能性も抜群なものが増えており、遮光、遮音、遮熱、それらを持っているのに超軽量という贅沢仕様なカーテンもあります。
それでいて価格も安価、そうしたカーテンを購入し、自分のお部屋にかけている人が多いです。
インテリアは工夫次第によってどんなお部屋でも作れます。
またそれら技術はいまネットでいくらでも調べられる上にやり方を解説している動画もあるほどです。
そしてそれらの完成系はSNSでも掲載されており、中には沢山の反応、拡散をされている記事もあります。
そんな記事をみて自分もやってみたい!と考える人は増えており、簡単な小物入れから始めていく人もいれば、物づくりがもともと趣味である場合、それらの経験を活かして安価な素材で凄いものを作ってしまう人もいます。
素材はなんであろうと工夫次第で驚きのものに姿を変えるもの、その楽しさから段々とDIYにハマっていき、インテリアを自分好みの空間に作り変えていく人が増えています。
仕事もプライベートも家で完結してしまう事がある今だからこそ、インテリアへの工夫が注目されている傾向があります。
家具もいま売れ行き好調、この機にインテリアの見直しをする人もいれば、部屋を一つ仕事用の空間に作りかえようという工夫のために家具を購入している人もいます。
その時に欠かせないのがカーテン、もともとあったカーテンも古いので買い替えたい、生活音が気になるので遮音性の高いカーテンを購入したい、さまざまな理由でデザイン、機能両方とも求めての購入をされている人が増えています。
カーテンはデザインが非常にいいものが多いのでインテリアとして優秀、それだけではなく生活環境をより快適にしてくれるという有能さもあります。
生活環境を整えたい、そんな時はカーテンも一緒に見直すのがおすすめです。
またカーテンを変えることでお部屋を簡単イメージチェンジ!新鮮な気持ちを味わえるのでいまの生活にメリハリが無いと感じられている方はカーテンを変えてみてイメージチェンジしてみると新しい気持ちに切り替えられます。

カーテンはどんな役割を果たしてくれている?

カーテンの役割

カーテンを何気なく購入している人は案外多いもので、遮光と目隠し以外のイメージがあまりない、そんな人も多いです。
しかしそれではもったいないのがカーテンの機能の幅ひろさ、カーテンに施されている加工とそれによって得られる効果についてご紹介いたします。
まず遮光、遮音、遮熱、これらは一緒に付属している場合もあり、多くの家庭に普及しているものとなっています。
遮光は勿論ですが遮音や遮熱、これは窓から入ってくる音や、また夏の暑い日差しを遮ってくれる効果があるのでエアコンの効きも左右するものとなっています。
いまお部屋が暑い、そんなときは遮熱効果が十分なカーテンを使用するとお部屋の温度が下げられます。
そしてそのメリットは電気代にも!エアコンがよく効くようになるのでその分電気代も浮かせることができます。
エコの面でも作用するのがカーテンの魅力です。
そして次に防炎、これはマンションの高層階では義務付けられているものとなっており、通常カーテンは布で非常に燃えやすいものです。
しかし防炎を採用することでカーテンによる延焼を防止、遅延させられるので安全面も守ってくれるようになっています。
万が一の火災に備えるためにも高層階に住んでいない場合でもおすすめ、カーテンからの延焼は想像以上に早いものなので、安全面を高めたい時は備えておくと安心です。
次に花粉防止、これは花粉症に苦しんでいる人みんなに朗報なカーテンの加工です。
花粉はどうしてもカーテンでは防げないもの、しかしこの加工をされていると防止効果が高まり、花粉の家への侵入を抑制できるとされています。
カーテンには思いのほかさまざまな加工が施されているもの、これをよく見てカーテンの購入をすると今までのお部屋より随分過ごしやすい空間が作れます。
西日で夏は室内の温度がすごくあがってしまう、そんなお部屋に遮熱カーテンを取り付けると今までの熱気は嘘だったかのようにすごしやすくなる場合もあり、非常に重宝されています。
お部屋の環境によって欲しい機能は違いますので、お住いのお部屋や戸建ての環境にあわせてカーテンの購入をおすすめいたします。
「結局どれを購入したらいいかわからない!」そんなときは遮光遮音遮熱の三つが揃っているカーテンがあるのでそれを購入すると欲しい機能が揃います。
またこの三つが備わっているにも関わらず、超軽量素材を用いることで非常に軽い使い心地、ラフな感じでお部屋を彩ってくれるカーテンもありますのでおすすめです。
機能性重視をするとどうしてもデザインがよくない、重苦しい雰囲気になりやすいとされていたカーテンですが、いまはデザインも機能の両立している商品が多くなっています。
どうしても悩んでしまうカーテン選びですが、シンプルで機能性抜群のものも多くなっており、細かくデザインに配慮されたシリーズも出ています。
お部屋にどうしても馴染みにくい、そんな方にも安心して使っていただけるお部屋との調和がとれやすいカーテンが沢山用意されています。

カーテンの寿命を知っておき、最後まで綺麗に使う

カーテンの寿命

カーテンにも実は寿命があり、それを過ぎると買い替え時となります。
特に濃い色を購入するとわかりにくいカーテンの劣化ですが、実は見えない劣化が進んでいるので、寿命を把握し適切な時期に買い替えをしておきたいところです。
そんなカーテンの寿命、交換時期とメンテナンスについてご紹介いたします。
カーテンは購入してそのまま放置してしまうことも多く、毎日使ってはいるもののなかなか意識の向きづらいところです。
何気なく使っている時が多く、思えばカーテンを取り付けてから結構経ってしまっている…そんな方も多いものです。
そんなカーテンの寿命は大体5~7年とされており、破損は勿論ですがそのカーテンそのものにある機能も劣化してうまく本来の機能を果たさない、そんなことも起こり得ます。
そのためその時期が過ぎると交換がおすすめで、新しいカーテン選びを推奨される時期となります。
ではこのカーテンは何で劣化してしまうのか?その理由は主にカーテンの位置にあります。
窓際に設置されているカーテンは常に紫外線を浴びている状態、窓際に置いておいた本が劣化して日焼けしてしまっている状態もあるように、紫外線は人体だけではなくものにも作用するのです。
カーテンは一見分かりにくいですが、この紫外線ダメージを最も受けているといっても過言ではない家具、そのためこれだけの年数紫外線を浴びているといざ洗濯した時に破れてしまうこともあります。
そこまで感じられないダメージかもしれませんがしっかり紫外線のダメージは蓄積するもの、また車通りの多い道沿いのカーテンはどうしても汚れや臭いが蓄積、水気が多い所ではカビの繁殖を助けてしまっていたりと、何気なく使っているカーテンですが実はこのような弊害を多く受けている部分となっています。
またメンテナンスをしていない場合はほこりを溜めこみ、ハウスダストの温床になっている場合もあります。
鼻炎が気になる方は一度カーテンをみてみるのがおすすめです。
ではこのカーテン、寿命いっぱい綺麗に使うためにできるメンテナンスは何か?これは案外簡単で、年に一回程度の洗濯で問題ないです。
洗濯も家庭用洗濯機で可能、もし気になる場合はクリーニングに出すのも手です。
ドレープカーテンの場合は年に一回、レースカーテンの場合は年に二、三回のメンテナンスをおすすめいたします。
メンテナンスの方法も自宅で行う場合、通常通り洗濯して元の所に干すだけの簡単メンテナンスです。
洗濯する場所もとらず、いつでも気軽に行えますので安心です。
大掃除のついでにカーテンも綺麗にしておこう!そんな感覚でメンテナンスができます。

カーテン以外にもある窓際インテリアとは?

窓際のカーテン

窓際インテリアとして広く知られているカーテン、他にも窓際に使用されるものはあり、お部屋の雰囲気にあわせて選択していただけます。
そんな窓際インテリアは大きくわけて他に二つあり、それがブラインドとロールスクリーンです。
それらはメリットデメリット両方踏まえてご紹介いたします。

ブラインドはシンプルなデザインでありながらスタイリッシュな印象も与えてくれる窓際インテリア、オフィスにもよく使われています。
また洋室だけではなく和室にも使用しやすいものなのでお部屋によってはよく使われるカーテンよりもマッチしやすく使いやすいものです。
調光も可能で羽の角度を替えるだけで調光が可能、目隠しにも十分役立ちます。
デメリットとしては専用のブラシでほこりを落とす手間、そのため少々手間取る部分はありますので、メンテナンスが億劫な場合はブラインドよりも他のものをおすすめいたします。

次にロールスクリーン、これはスタイリッシュな印象を与えてくれるインテリアで、どちらかというと機能性よりもデザイン性が重視されているものです。
遮光や遮音は少々心許ないですが、一枚絵としてデザインされている色柄が最大限映えるのがこのロールスクリーンの魅力です。
蛇腹で色柄が邪魔されず、そのままスクリーンを降ろすだけで美しい色柄が見えるので、絵画のような感覚でかざることも可能です。
また絵画と違って普段使わない時は完全に巻き上げてしまえるのも魅力で、コンパクトにまとめておくことができます。
目隠しだけではなく部屋の仕切りとしても有能となっているロールスクリーン、小窓はもちろん部屋をしっかり分断できるほどの大型サイズもあります。
カーテン以外にも窓際を彩るものはあり、それぞれに魅力があります。
カーテンでは少ししっくりこない窓の場合はこれらを用いるのも手です。

カーテンを使用するメリットデメリットは?

カーテンのメリットとデメリット

カーテンは窓際のインテリアとしてもメジャーなものとなっており、そのため種類もたくさんのものがあります。
またシンプルなものを使用している場合でもアレンジが簡単なので、ネットの情報を参考にカーテンのアレンジを楽しみ、より部屋を華やかにしている人も多くなっています。
カーテンのメリットはその手入れのしやすさ、ものによっては簡単に家庭用洗濯機で洗濯、そのままカーテンレールに戻すだけでメンテナンスが完了してしまうお手軽さがあります。
丸洗いできるというのは大きなメリットで、すっきりと洗いあげられると衛生面上も安心といえます。
そんなカーテンですがデメリットもあり、どうしても閉塞感が部屋にでてしまう事です。
また存在感も大きいので部屋にマッチしないものを選んでしまうとそこだけどうしても浮いてしまいます。
狭い部屋に設置する場合は少々部屋が狭苦しく感じられる場合もありますので注意です。
しかしこれは色あいによる部分も多くなっており、明るい色あいのもの、暗い色あいのものでカーテンの印象も全く変わります。
またカーテンに使用されている生地によっても異なりますので、それも踏まえて楽しくカーテン選びをするのをおすすめいたします。